ガールズバーやキャバクラで働く前に夜の世界を知る

高い時給やお給料を稼ぎたいと思った時に皆さんはどんな仕事が思いつきますか?きっと、ガールズバーやキャバクラで働くと高収入をもらえる、と思う方も多いのではないでしょうか。
実際に体入ドットコムなどのナイトワーク系求人サイトには、高収入で稼げるガールズバーの求人が多く掲載されていますよね。

ただ、夜の世界で働いたことがないのであれば、ガールズバーやキャバクラで働くことを少し不安に思うかもしれませんね。
ナイトワークの世界を少しでも知っておきたいと思うなら是非、体験入店に行く前にマンガで夜の世界感や雰囲気を味わっておくことをオススメします。

特に女帝シリーズの第一作『女帝』は夜の世界の裏側まで垣間見ることができる作品の一つで、主人公:立花彩香を描いた『女帝』は、倉科遼原作、和気一作作画によるマンガで、2000年に映画化、2007年にはテレビドラマ化されているくらい人気の作品です。


元気が出るサクセスストーリー

あらすじとしては、熊本出身の女子高生である彩香が、大阪のスナックのホステスからスタートして、様々な修羅場をくぐりぬけながら成長し、銀座で「女帝」と呼ばれるようになるまでの半生を描いたというもの。

特に水商売でのし上がっていく主人公である彩香の根性の入り方は必見です!

ライバルとなる女性たちがそれぞれのキャラクターを活かしてしのぎを削る中で根性でのしあがっていくのは、痛快さがあります。

まさに夜の世界はやる気と実力でのし上がっていけることを証明してくれる、元気が出るサクセスストーリーだと思います。

イメージ出典サイト:https://goo.gl/jIxwJn

夜の世界、女の世界に興味のあるならおすすめ

その後、彩香の娘:明日香の成長を描いた『女帝 花舞』、再び銀座を舞台に描かれている『女帝 薫子』などと続いていき、テレビドラマ化されている作品もありますが、細かい描写をみてみたいのであれば、やはり漫画がオススメです。

夜の世界、女のナイトワークに興味のある方はぜひご覧になってください。