魅力的な主人公「彩」


キャバクラ漫画の傑作で、ドラマ化もされた『嬢王』は、ナイトワークで働くなら必読のマンガです。
『女帝』シリーズの倉科遼が原作を担当し、女子大生のヒロイン「彩」が父の借金1億5千万円を返済するため、ナンバーワンキャバクラ嬢を目指すというストーリー。

それまでお水の世界と無縁の箱入り娘として育った彩がキャバ嬢として魅力的に成長していく姿から目が離せません。
打算と駆け引きが渦巻く歌舞伎町で、純粋な彩がどうやってナンバーワンの道を歩んでいくのか…。
夜の世界で働く人なら、きっと得るものがある物語です。


画像引用の元:pixnet.net

ドラマ化もされている人気作


『嬢王』は全12巻、その後第2部となる『嬢王 Virgin』が連載されました。
テレビドラマも第1作の『嬢王』から第2作の『嬢王 Virgin』に続き、『嬢王3 〜Special Edition〜』まで製作されるほどの人気作です。
テレビドラマ3部作も非常に人気が高いですが、ヒロインの彩の成長やさまざまな描写を楽しめる漫画版がやはりおすすめです。
作画の紅林直による魅力的な絵柄は、漫画版ならではの楽しみです。
キャバ嬢を目指したい方、夜の世界に興味がある方はきっと夢中になること間違いなしですよ。